FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇奈月モーツァルト音楽祭その2

20日(土)は素晴らしい秋日和に恵まれました。
ホルンのコンサート、年配の方にはちょっときつかった階段ですが、それでもこの景色のよいところでの演奏には、大変満足していただきました。
ふだん、ホルンの曲は聴くことが少ないのですが、さすがモーツァルトの作品は、どなたにもすんなりと心に入っていくようです。アマチュアもプロも一緒になって演奏を楽しみ、聴く人もいろいろな曲を楽しんでもらえるそんな「宇奈月モーツァルト音楽祭」です。

ここでは、演奏会の写真をとりませんでしたので、雰囲気があまり伝わらないかもしれません。
CIMG0648.jpg  CIMG0641.jpg  CIMG0645.jpg  CIMG0650.jpg  CIMG0657.jpg
スポンサーサイト

宇奈月モーツァルト音楽祭

宇奈月モーツァルト音楽祭が、外出には最高のよい天気に恵まれて、9月20日、21日の週末に開かれました。
ツアーガイドも2日間行いました。
img-923082959-0001.jpg
街角のあちこちで、あるいは国際会館のホールやロビーで、さらにはホテルのロビーでも演奏が行われました。
まずは、新しくできたトロッコ広場で「ハンドベル」の演奏、トルコ行進曲つきなどを聞きました。
すぐそばのセレネでは、塚田尚吾さんのピアノリサイタル、ソナタなどたくさん聞かせていただきました。
宇奈月国際会館ロビー1階でも多くのグループが演奏しています。
お昼からは、指揮者横島勝人さんとNHK富山放送局アナウンサー中条誠子さんのプレミアムトーク、今回で3回目、モーツァルト最晩年のいろいろなエピソードをお話していただきました。

さて、また、まちに戻ります。
延対寺荘(ホテル)ロビーでは、「フィガロの結婚」中の曲を一人三役で演奏! というユニークな試みも披露されていました。
この日、ツアーガイドをしていましたので、最後はオプショナルツアーで国際会館ホールで行う「弦楽五重奏コンサート」を聞くことにしました。
明日、21日の夜には、弦楽五重奏曲K.516をするとのこと、楽しみですが、レクイエムの演奏の後、だいぶ遅くからの演奏になります。遅くなるので、終電車にはもちろん間に合いますが、ちょっと心配になります。最後の最後まで楽しませてくれる演奏会になります。
CIMG0585handbells.jpg  CIMG0586handbells.jpg  CIMG0590.jpg  CIMG0601.jpg

モーツアルト音楽祭のボランティアを募集

湯の街ふれあい音楽祭
モーツアルト@宇奈月

企画をどんどん進めています。
こんな仕事をするボランティアスタッフを求めています。
9月21日(土)、22日(日)、23日(月・秋分の日)のいずれでも、毎日でもよいのです。
ご連絡をお待ちします。

演奏者の受付
演奏者の世話(時間管理や演奏会場へのエスコートなど)
お客様の誘導
宇奈月温泉まちかど無料ミニコンサートの会場設営(椅子や譜面台を並べる)
開場のアナウンス
開場周辺の交通整理
グッズや食べ物の販売

連絡は、宇奈月モーツアルト音楽祭事務局(実行委員会電話 0765-62-2000、Fax.0765-62-2020)
メール(mozart-fes@unazuki.org)

モーツアルト電車の乗務員(整理券をもっている人の受け付けなど)
連絡は、くろワン実行委員会事務局<電話 0765-56-9687、Fax.0765-56-9637)
メール(info@kurobe-machikyo.jp)

img-723082552-0001.jpg
img-723082552-0002.jpg
img-723102013.jpg

この9月、モーツアルト音楽祭

できたてのチラシ!載せます。紹介します。
9月23日(日)午後2時から
宇奈月国際会館セレネ大ホールで

指揮は、横山勝人さん
ヴァイオリンは、泉原隆志さん(京都市交響楽団コンサートマスター)
そして、モーツアルト@宇奈月フェスティバル室内オーケストラ

演奏曲目も、すごいですよ。
ディヴェルティメント ヘ長調 K.138
「ザルツブルグ交響曲第3番」
ヴァイオリン協奏曲第4番 ニ長調 K.218
交響曲第40番 ト短調 K.550

チケットは、一般2,000円、高校生以下500円(全席自由)
中高校生には、ぜひ、この日中のコンサートに来てほしいですね。

くろワンを使うと、駐車場の心配もないし、ゆったりとまわれますよ。
(宇奈月モーツアルト音楽祭実行委員会・黒部まちづくり協議会)
縮小H240612モーツアルト音楽祭コンサート-1 縮小H240612モーツアルト音楽祭コンサート-2

宇奈月とザルツブルグ

黒部では、2年に一度、ずっとベートーヴェンの交響曲第9番【合唱付き】を歌ってきました。
この2回は、それに引き続いて、モーツアルトの「レクィエム」を歌っています。
この合唱を指導してくださった指揮者の横島さんが、宇奈月とザルツブルグ、よく似ているね、と言われました。
二つの都市、一見すると共通することが、ほとんどないようです。
けれども、みんなモーツアルトの音楽が大好きなので、宇奈月でモーツアルトを歌いたいな、など色々な願いや希望を持っていましたので、ここでモーツアルトの音楽をしたいと願いが膨らむことになりました。
黒部まちづくり協議会の活動グループとして、「宇奈月モーツアルト音楽祭プロジェクト」が出発し、さっそく第1回の取り組み、素晴らしい意志力、活力で進んでいきました。

小さな夢が膨らんで、これで2回目の「モーツアルト@宇奈月」宇奈月モーツアルト音楽祭ができました。

アマチュアからプロまで、モーツアルトが大好きな人が演奏をします。
それをサポートする人もモーツアルト大好き人間です。
集まってくる人もモーツアルトの音楽が好きです。

互いに作り上げるこの音楽祭、かかわりあうことが参加すること、協力すること、新しいコンセプトとも言えます。

そこで、今回、特別な集まりが具体化しました。
オーストリア大使館がこの「宇奈月モーツアルト音楽祭」を講演することになり、文化担当参事官のシュトーラーさん、元富山大学ドイツ語講師のカペラさん、そして堀内黒部市長がトークセッションという機会を持つことができました。
市長
中島さん
カペラさん

宇奈月での音楽祭の夢や願い、ザルツブルグの自然や人、習慣、日本とオーストリアのつながり、いろんな切り口から楽しいお話になり、出席した人、小ホールが立ち見のできるほど満員、みんな満たされた思いになりました。
幸せなひとときと言えるでしょう。
聴衆
(宇奈月モーツアルト音楽祭プロジェクト)
プロフィール

NPO法人黒部まちづくり協議会

Author:NPO法人黒部まちづくり協議会
【黒部まちづくり協議会とは・・・】
黒部市に住んでいる人も黒部市で働いている人も各種団体も集まって、黒部について考え話し合い汗を出して、住んでよかったと思えるまちに、行ってみたい住んでみたいと思えるまちに、みんなで黒部を手創りしようとする集まりです。

最新記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。