FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイクリング・トレイン「行ってクール・ド・黒部」報告

IMG_2152.jpgIMG_2158.jpgIMG_2164.jpgIMG_2166.jpgIMG_2174.jpgIMG_2180.jpgIMG_2185.jpgIMG_2186.jpgIMG_2191.jpgIMG_2198.jpg
電車に自転車を載せて、一路、宇奈月温泉へ。
宇奈月温泉駅と宇奈月ダムへ行く途中の階段に苦戦。

さて、自転車に乗ります。
宇奈月ダムから、黒部川右岸を通って愛本橋へ。
途中、栗虫の村を通ります。
この右岸からの見晴らしは最高です。
ほとんどの人は、この右岸からの眺めを知らないようです。
そのために、自転車は最高の道具です。

この高台から眺める黒部川扇状地は広々として気持ちがよいですよ。
さて、ここからさらに右岸を通ってスーパー農道まで下ります。
車も来ない、ゆったりと走られる道です。

ここから左岸に移って、黒部川河口、そして生地。
荒俣海岸から海沿いに走り、魚の駅「生地」で昼ごはん。
そののち、高志野中学校でトキを見学。
IMG_2184.jpg

生地のまちなかでは、清水を見て触って飲んで、それから石田に向かって海岸道路を通ります。

電鉄石田からまた電車に乗って、電鉄黒部駅。
楽しめました。
喜んでいただきました。
よかったです。
そして、このようなサイクリングに適した道をどんどん発信していきます。
(まるごと黒部自転車プロジェクト・リーダー吉崎文彦)








スポンサーサイト

行ってクール・ド・黒部

5月13日(日)午前8時15分電鉄黒部駅集合
電車に乗って、宇奈月温泉駅まで行きます。
そこから、とちの湯にダム湖を左に見てサイクリング。
それから、一路、普段は皆さんのまずいかないルート、黒部川右岸をたどります。

途中、音沢から栗虫、そして愛本に続く道は、ちょっと高いところにあり、眺めもよく、車もほとんど通らないので、まず安心!
愛本発電所、それから扇状地を一望できる高台は、お勧めNo.1 。

愛本から黒部川左岸堤防を、黒部川河口、荒俣海岸、そして、生地の清水、海岸線沿いのサイクリング道路を石田まで、

電鉄石田駅からまた電車に乗り、電鉄黒部駅。
解散です。

参加には予約が必要です。
(電車に積み込む自転車の数を把握する必要があります。)
申込は、黒部まちづくり協議会「くろワンPJ実行委員会」(電話0765-56-9687)
(ただし、平日火曜から金曜までの午前9時~午後5時までです。
ファクシミリが一番確かでしょう。
(ファクシミリ 0765-56-9637)

小学校3年生以上(保護者同伴)です。
ほとんど下りの道を使いますので、小学校の子どもたちでも大丈夫と考えています。

食べ物(昼食)、飲み物、万一の雨に備えての雨具などを用意してください。

(まるごと黒部自転車PJ主催・くろワンPJ実行委員会)
サイクリングトレインチラシH240402


みんなで黒部のサイクリングコースを設定しよう!

まるごと黒部自転車プロジェクトの考えていること

【今、自転車を…】
全国では健康やエコを考えて、自転車に乗る人が増えています。
サイクリングを趣味として自転車に乗る人も増えています。
都市部の日ごろビルの中を走っている人の中には、休日になると自然の中を走りに行く人も多くいます。
多くの自治体ではそこに着目してサイクリングの大会を開催し観光につなげています。

【こんなことをしたい…】
黒部まちづくり協議会の中に「まるごと黒部自転車プロジェクト」を立ち上げました。
自転車・サイクリングを通してまちおこし・観光につながるまちづくりを提案していきたいと考えています。

【目標】
①「まちおこし・新川地区の活性化」
②「観光・県内外から新川地区に走りに来てもらうこと」

【当面のやりたいことと協力してほしいこと】
まるごと黒部自転車プロジェクトではコースを作り認定したいと思います。
コースを作ることによって、日ごろから自転車で走るキッカケや目標・目的を持ちやすくなると考えています。
また、市外の人にも、サイクリングコースに走りに来てもらえるようにPRをしやすくなるとも考えています。

サイクリングと言うと、競輪のような自転車でヘルメットをして、と思う人がいるかと思いますが、家にある自転車で気楽に走ってもらうのもサイクリングです。
歩こう会のように、たまには自転車で散歩。ジョキングの代わりにたまに自転車で運動。などちょっとしたことから「まちおこし」をしていこうと思います。
もちろん、ヘルメットは身を守るための大事なアイテムですので、着けるようにしていきましょう。

【サイクリング・コースの認定9】
黒部市や新川地区の人が
・気楽に自転車で出かけられるコースから
・県内外の自転車好きが走り応えのあるコース
を提案、認定します。

・サイクリングコースの部

A難度コース  130キロ チャレンジライド、およびそれに近いコース。
B難度コース  80キロぐらいから、 チャレンジライドのミドルぐらい
C難度コース  黒部市1周、黒部から越中宮崎往復
D難度コース  生地から宇奈月往復、
E難度コース  小学生と親が楽しめるコース
大まかな基準です。
コースも何コースも作り、いろいろな黒部・新川を楽しんでもらったり、難易度に挑戦してもらったりします。


・季節のコースの部
桜を回るコース、紅葉を巡るコースなど

・地鉄を利用したコースの部

(まるごと黒部自転車PJ/まち協事務局)

まるごと黒部自転車プロジェクトの紹介

この4月から、黒部まちづくり協議会に、新しいプロジェクトがいくつか出発する予定です。
そのうちの一つを紹介します。
HANA通信でも他のワークショップやプロジェクトとともに紹介文を載せていただきます。
興味や関心のある方は、黒部まちづくり協議会事務局や吉崎サイクル(吉崎文彦さん:電話54-0582)にご連絡ください。

まるごと黒部自転車プロジェクトでは、こんなことをしたいと考えています。
皆さんも参加したり、一緒に活動したりしませんか。
きっとたくさんの楽しいこと、そして新しい体験ができると思います。

・黒部市内・新川地区で楽しんで回れる安全なサイクリングコースの提案をして自転車で回ります。そして、黒部、新川地区の良さを体感し、サイクリングの楽しいことを発信してまちおこし活動・観光につなげたいと考えています。また、サイクリングを通して健康な体づくりをしていきます。
  
・市民だけでなく、県外や市外からも多くの人に参加してもらえるサイクリングのイベントを開催する計画しています。このことにより、黒部の活性化とともに黒部のPRをしていきます。

「この場所いいよ」、「あのコースいいよ」などの案など、ちょっとしたことでもありましたら教えてください。
また、自転車、サイクリング、黒部・新川地区のPRに興味ありましたら一緒に考えましょう。
(リーダー 吉崎文彦:吉崎サイクル) 


プロフィール

NPO法人黒部まちづくり協議会

Author:NPO法人黒部まちづくり協議会
【黒部まちづくり協議会とは・・・】
黒部市に住んでいる人も黒部市で働いている人も各種団体も集まって、黒部について考え話し合い汗を出して、住んでよかったと思えるまちに、行ってみたい住んでみたいと思えるまちに、みんなで黒部を手創りしようとする集まりです。

最新記事
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。